Settings

コメントするにはログインしてください

Select your language

スター・ウォーズドキュメンタリー映画

Posted by Danny Choo On 木 2009/12/10 14:05 JST In ストームトルーパー
 139  658759 en

The People vs George Lucas(人々対ジョージ・ルーカス)というスター・ウォーズドキュメンタリー映画が現在作成中。来年世界中の劇場で上映される予定。この映画のディレクターからコンタクトが入って来て、「この映画に出ませんか」と依頼された。
もちろんOKしました^o^

映画の予告はこれ。

業界の人間はスター・ウォーズやルーカスについて語る。スター・ウォーズと帝国の逆襲のプロデューサーガリー・カーツやダースベーダー役デイビド・プラウズも出演する。
スター・ウォーズで育てられたファンのインタービューも。

そんなスター・ウォーズ映画にタマ姉が出る^^;

スター・ウォーズのオリジナル映画が出てから、20年後にCGが加えられた。そのCGで怒っているファンが大勢いるらしい。それだけではなく、ニュートリロジー(エピソード1〜3)が好きじゃないファンもいっぱいいるらしい。

この映画では業界の人や、ファンにジョージルーカスについて語るというドキュメンタリー映画だ。もちろんルーカス応援派も出る。僕は応援派。

僕はジョージに対しての文句は特にない。壮大な物語をくれたジョージに感謝している。

もともとジョージが好きで、そのうちに彼のことが嫌いになるのは残念と思います。僕もこの経験があります。
たとえば、昔によくガンダムのネタ書いていました。そのうちにガンダムのネタが少なくなり、フィギュアのネタばっかりになった。そこで、もともと読んで頂いたフィギュアに興味ない人は「あなた嫌い」などのメールも受ける事に成る。

一番大事なのは、人生でやりたい事をやる。他の人間の言う成りに生きると、人生を捨てる事に成る。

スター・ウォーズは世界中に人々に愛されていて、全ての人の意見を聞くのは不可能。ジョージは何をしても、文句言う人は絶対います。

ライトセイバーお箸を持っている娘達も映画に出る!

机の上のR2ユニット。

事務所での収録終了。

渋谷に到着。

着ヘルメット。

GF1の新しいパンケーキレンズだ。

おばちゃんアーマー触る^^;

iPodで音楽聞く。

ダンスダンス。

疲れる。

クリスマスの渋谷。

撮影に手伝ってくれたKENさん。

Robert Muratore - Producer/Director of Photography。

Alexandre O Philippe - Writer/Director。監督さん。

日本生まれ育ちのDavid Neptune - Writer/Director。

Joseph Tame.

集合写真。

奇麗な渋谷。

いつもの電車で移動。

飲料買う。

監督に頂いた映画のポストカード。

これも頂いた。

最新記事

Culture Japan Malaysia's Team
火 2017/12/19  0  495718
Checking Out Of Traders
火 2017/12/19  2  410289
A Few Smart Doll Left
火 2017/12/19  2  423378
CF Day 2 Completely Packed
火 2017/12/19  1  421150

現在読まれている記事